百年建築ビル実績

シャトレ恵比寿

物件概要

イメージ
建物名 シャトレ恵比寿
所在地 東京都渋谷区恵比寿南1-20-4
敷地面積 210.395㎡
延床面積 1005.970㎡
構造 鉄筋コンクリート造 7階建
竣工 1970年

耐震補強
事例

コンセプト

CONCEPT

テーマ

  1. 築50年のマンションを耐震補強により「百年建築」に変貌させる
  2. 住民、テナントへの負担軽減のため「住みながら」耐震工事を行う
  3. 安心して活動、生活ができる建物にする
  4. 築古ビルの賃料を維持する、または向上させる

イラスト

イラスト

図面

図面

改修前

BEFORE

コメント

  • 築48年のマンションで1F~2Fは店舗、3F以上は住居(14戸)となっている
  • 旧耐震基準の建物のため、耐震工事が必要だった
  • 所有者、テナント全員の同意が必要だった(2000年耐震検討を開始・2018年10月竣工)
  • 補助金はもらえない建物
    ※渋谷区「分譲マンションの耐震化支援制度」において、区分所有物件については1/2以上の所有者の居住が必要(平成25年当時)であり、当マンションは条件にあてはまらなかった

改修後

AFTER

コメント

  • 耐震ブレースをデザインとして生かした魅せる耐震補強
  • 建築基準法に基づく耐震補強基準をクリアーし東京都の耐震基準適合の認定を受ける
  • 耐震躯体補強本体工事:約3,930万円
    耐震関連建築工事:約5,140万円
    設備工事:約1,860万円
    工事合計:約10,930万円(エントランスの改修費含む)
    • 耐震基準適合
    • 耐震マーク

改修後の様子

テナント様の声

ブレースも圧迫感がなく、建物のデザインに馴染んでいます。転居がなく工事が行われたので、負担が少なく助かりました。耐震補強基準もクリアーしたとのことで、今後も安心して営業ができます。

イメージ

エントランス
改修事例

コンセプト

CONCEPT

テーマ

  1. ビルの顔であるエントランスを改修し建物の資産価値を高める
  2. 宅配ボックスや明るい照明を設置しユーザビリティの向上を図る
  3. 夜間はオートロック化しセキュリティ対策を図る

イラスト

イラスト

図面

イラスト

改修前

BEFORE

コメント

  • 照明が暗く薄暗い印象のあるエントランス
  • 玄関扉はオートロックがなく安全性に不安がある
  • 宅配ボックスは未設備
  • 郵便ボックス・電気配線が雑然としている

改修後

AFTER

コメント

  • LED照明が程よく明るいエントランス
  • 玄関扉はオートロックが付き安全性が向上
  • 宅配ボックスを設置
  • 郵便ボックス・電気配線がすっきりとした

室内
改修事例

コンセプト

CONCEPT

テーマ

  1. 健康に優しく、環境に配慮した仕上材を使用する
  2. 解体時の壁・天井の原型を活かし、過度な化粧を行わない
  3. 快適性が大きく左右されるサニタリー・キッチン・空調といった設備は、現在のスタンダードなレベルに合わせる

図面(改修前)

イラスト

図面(改修後)

図面

改修前

BEFORE

コメント

  • 2DKのため部屋の開口が狭く、日が入りにくい
  • バス・トイレ・キッチンは設備が古く、快適性が良くない
  • 建具が古く断熱性能が低いため、夏は暑く冬は寒い

改修後

AFTER

コメント

  • フレキシブルで間取りを自由に使えるフリープランのレイアウトにし、採光も良くなった
  • エアコン・バス・トイレ・キッチンは新しい設備に更新
  • 断熱性・気密性を高めるためペアガラスを採用

改修後の賃料(弊社で管理している1~2F店舗および
管理している7住戸の合計)

改修後の賃料
賃料 2014
(改修前)
2018
(改修後)
目標
単価(円/坪) 11,935円 13,946円 15,000円
賃料(円/年) 21,556,656円 24,684,945円 28,462,140円

コメント

大規模改修前に比べて、賃料の平均坪単価を向上させることができました。

改修後の電気容量

改修後の電気容量
項目 改修前 改修後
照明 391W 50W
エアコン・換気扇 1,900W 1,910W
合計 2,291W 1,960W

コメント

照明・エアコン・換気扇などを新しいものに更新し、15%ほど電気容量を抑えることができた。

アクセス

所在地
東京都渋谷区恵比寿南1-20-4
交通
  • JR山の手線・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 徒歩5分